北欧の布あそび

タグ:洋裁教室 ( 69 ) タグの人気記事




久々生徒さんの作品

d0164898_22110025.jpeg
生徒さんの作品です。
最近多いタック袖。
可愛いですよね。この袖の場合はドロップショルダーにするとうまくいきますよ。


[PR]



by rosagris | 2016-09-04 22:10 | 生徒さんの作品

ヨハンナ第2弾

d0164898_22124869.jpeg
引き続き小物アップ。
ポーチとミニトート。
ペタンコポーチは通帳入れなどにいかがでしょう?
お気に入りのものがあれば気分がいいですね

[PR]



by rosagris | 2016-06-20 22:11 | てづくり

NEWS

子どものための手芸クラブ(小学校2~6年生:定員5人まで)
基本は月・水・金の15時半~17時半(予約制)

***********************************************************************

→次回のノールビンドニングは2015年12月ごろ?〜月に1回の6回コース(曜日はまだ未定)になる予定です。ご興味ある方はお問い合わせください。

・2月のランチ付きレッスン(基本は課題をする人)
→2/1(月)10:00-14:00 ¥2250+材料費

・2月のワークショップ
→2/12(金)10:00-13:00(お茶付き) ¥6500 (材料費全て込み)

・子どもレッスン休日版(普段はあまり土日祝はできません。)
→2/28(日)10:00-12:00 ¥1600+ざいりょうひ

→お問い合わせはこちら
**********************************************************************
すべての企画は上記以外の日程でも受け付けております。お気軽にお問い合わせよりご連絡ください。
*お申込み後のキャンセルはないようにお願いいたします。どうしてもご都合がつかなくなってしまった場合は同月中にお振替お願いします。それ以降は講習費の全額がキャンセル料となります。また前日・当日のご連絡はキャンセルポリシーにのっとり、別途手数料が発生いたします。ご了承くださいませ。

[PR]



by rosagris | 2016-02-02 23:38 | お知らせ

久々の部分縫い講座「フリルの作り方」

d0164898_12264518.jpg

産休後、久々の部分縫い講座のお知らせです。
そろそろあたたかくなってきて、コートがいらなくなってきましたね。
春のふんわりプルオーバーやワンピースなどに応用が効きそうな部分縫いにしました。
ズバリ「フリルの作り方」です。これもいろいろありまして・・・
今回の部分縫いでは上の写真のように自分で製図をして作るフリル(お好きな形を描いてもらいます。)と
d0164898_12295254.jpg

ミシン縫いフリルと切りっぱなしフリルの3種類のフリルの練習をしていただこうかと思っています。

日時:2015年4月7日(火)10:00から12:30(基本は偶数月の第一火曜日ですが臨機応変に対応いたします。)


定員:5名

ご料金:2500円(材料費込み)


材料はすべて含まれていますの手ぶらできていただいて大丈夫です。

どこを縫ったかわかるように部分縫い講座では見やすい色の糸を使いますが、実際の作品では目立たないような色を使って下さいね。
d0164898_1238085.jpg

フリルが出来ればこんなのも出来ますよ。

http://knyta.jp/
[PR]



by rosagris | 2015-03-23 12:42 | お知らせ

5月のcows marketの試作品

d0164898_11595042.jpg

5月に加西市であるイベントcows marketのためにバッグの試作品作ってみました。
d0164898_1214058.jpg

ワンハンドルバッグ、使いやすいよ~ということでしたので、自分用に使っておりますが確かに使いやすいです。
色がとてもきれいでポイントになるのでこれを持つだけで一気に「春」な感じになります。

cows market(カウズマーケット)詳細分かり次第、アップさせてもらいますね。

※ちなみにこのバッグ、型紙のみの販売は行っておりません。作ってみたい方はお気軽にお問い合わせくださいね。

http://knyta.jp/
[PR]



by rosagris | 2015-03-19 12:09 | お知らせ

佐藤かなさんの洋裁本

d0164898_11262146.jpg

いろんな雑誌で活躍されているスタイリストの佐藤かなさん。
洋裁本出されたんですね。
最近はいとうまさこさんはじめ、スタイリストさんがプロデュースされるお洋服や洋裁本がはやってますよね。
スタイリストさんはイメージに合った商品を探しだし、組み合わせて紹介するのがお仕事ですからよいものをたくさん見て、知ってらっしゃいます。

でもやはり、自分のイメージにピッタリのものがない場合はズバリ「作る」んです!
なので手先の器用な方が多いですよね。
「こんなものがあったらいい」というビジョンが明確なのでとても洗練されています。

今回の佐藤かなさんの本も、「初心者さんでも作れる」簡単なものがたくさん紹介されています。

初心者さん向けには珍しくパンツのバリエーションが豊富な点や作った後にこんな風に着こなしてね、というスタイリング写真がたくさんあるのが特徴でしょうか。
私は特にシンプルな麻で作ったワンピースをフォーマルに着こなすスタイリングが素敵だなーと思いましたよ。

このようなシンプルな型紙、成功の秘訣は・・・

・布を洗練されたものにする(布代をケチらない!)
・縫製を丁寧に。

縫製はもう練習あるのみ、ですので。

http://knyta.jp
[PR]



by rosagris | 2015-03-18 11:39 | 洋服づくり

KNYTAオリジナル型紙のプルオーバー

d0164898_12502023.jpg

展示会などでは型紙を1から作り、オリジナルの1点ものとして販売させていただいております。
展示会で使用した型紙を使って洋服を作ってみたいという方は型紙使用料が¥500かかってしまうのですが、使っていただけますよ~。
サイズはフリーサイズです。

上の写真の紺色のプルオーバー、下の黄色のプルオーバーの後ろにある白いプルオーバーと同じ型紙を使用しています。
d0164898_1256689.jpg

すいません。いい写真がなくって・・・。
写真を撮ったつもりが、探してみるとこれしかなかったです。

紺色のプルオーバーはダブルガーゼを使っているのでよりふんわり仕上がりました。
後ろ姿も少し立体的になるようにしています。ボタンは貝ボタン。
d0164898_1304964.jpg

ボディに着せたほうがより雰囲気伝わるでしょうか?ふんわり春の装いに活用して下さいませ。
d0164898_1322233.jpg

http://knyta.jp/
[PR]



by rosagris | 2015-03-13 13:05 | KNYTAの商品

入学準備、うわばき入れ(簡単バージョン)

d0164898_1192912.jpg

息子が今度入学する小学校では靴袋が2ついります。
体育館シューズとうわぐつをそれぞれ使用するからだそうです。
あとちょっと保育園時代の布があまっていたので使い切るために靴袋を作りました。
ひもやDカンは本人が選んだ水色。
まずは大きさなどを確認するために超シンプルな作りにしたのですが・・・。
結構考えますよ~。


出来上がりサイズ
(トータルの高さ35~36センチ、幅23センチ、マチ8センチ)を作りたい方は・・・

・キルティング布(25~30×70センチぐらい)
・Dかん1つ
・ひも、テープなど(45~50センチ)
・ミシン糸
・工業用ボビン、家庭用半回転ボビンの2種類ご用意下さい。

お問い合わせはこちら→

キルティングの布がもうなくなってしまったのでもう一つの靴袋は違うバージョンにしたいと思います。後日出来ればアップしますね。

そうそう、靴袋を縫うときに注意してほしいのが水色のテープの部分です。2つ折りにすると結構分厚いのでちゃんと太めの針に変えてあげて下さいね。

http://knyta.jp/
[PR]



by rosagris | 2015-03-03 11:31 | てづくり

入学準備、ランチョンマット

給食袋につづいてランチョンマット。
d0164898_1747059.jpg

お玉のかたちが気に入った布の端を縫っただけのランチョンマットですが、「ワンポイントを付けようか」
という話になり、本の中から息子が選んだ柄です。
d0164898_17475163.jpg

これは抜きキャンバスを使いました。

後ろの処理は「刺繍のタオルハンカチ」と同じ処理の仕方にしています。

課題をこなしていっている生徒さんは、知らず知らずのうちにいろんな引き出しを持っているので、アイディア、技術を総動員して入園、入学グッズ作ってあげて下さいね~。
苦労した後のこどもの笑顔は格別です。

「刺繍のタオルハンカチ」も保育園に6年間通った息子は毎日使って毎日洗濯しましたが、全然ほつれていないんです。
安いからって買ったタオルはもう端っこがぼろぼろです。

これは本当にお勧めですよ~。

http://knyta.jp/
[PR]



by rosagris | 2015-02-27 18:01 | てづくり

入学準備、給食袋

d0164898_14571815.jpg

息子の選んだガチョウの布を使いながら、入学グッズを作っています。
こちらは給食袋。
ハギレを使い切るために作ったので大きさは適当です。(ちょっと大きいかも・・・)

これも机の横にかけるらしく、袋の大きさの指定はありませんがひもでつりさげた場合の長さは35センチまでにしてください。という指定がありました。

袋を小さくするにしても最近はパン給食よりご飯給食が多いらしいのでお箸は入るようにしてあげましょう。
後はランチョンマットとか入れるのかな?

こちらの給食袋も一応リバーシブル。
d0164898_1532488.jpg

なぜこんなものまでリバーシブル?と思われる方もいらっしゃるかも知れませんね。
理由はただ一つ。
「選んだガチョウの布が薄いから」です。なので裏には接着芯を当てたり、内布を付けたり、と結構手が込んで
おります。

この給食袋のイメージは「ニルスと不思議な旅」という物語。(ご存じですよね^^)

このお話はスウェーデンのお話で、作者は「セルマ・ラーゲルロルフ」という女性。
地理の先生だったんですよ。
子供たちにスウェーデンの地理のことをわかりやすく知ってもらうためにこの物語を描いたそうです。
ガチョウに乗って旅をして、鳥のような視点からスウェーデンのことを学んでもらうというお話ですが、とっても夢があって私も大好きなお話です。
生まれたのはスウェーデンの南部の田園地帯なので皆さんの頭の中に思い浮かぶイメージはニルスがガチョウにのって真っ青な空から広い田園風景を眺めている場面ではないでしょうか?
(なので内側は空色のアンティーク布にしました。)

こんな素敵な先生に出会って楽しく勉強出来ればいいな、という願いを込めて・・・。

作りたい方は・・・

・表布、切り替え布、リボンなど適当に
・内布(30×50ぐらい)
・接着芯(薄い布の場合)
・ひも 80~100センチぐらい
・ミシン糸
・ボビン(工業用、家庭用半回転の2種類ご用意下さい)

をご持参下さい。

簡単ですがいろいろ工夫しながら作ってみると楽しいですよ。
d0164898_15171087.jpg

http://knyta.jp
[PR]



by rosagris | 2015-02-27 15:21 | 洋裁教室

手仕事、子育てなど日常いろいろ
by rosagris
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

刺繍のコンパクトミラー
at 2017-08-20 17:33
久々生徒さんの作品
at 2016-09-04 22:10
ノールビンドニング新たに募集..
at 2016-07-13 13:39
ヨハンナ第2弾
at 2016-06-20 22:11
ヨハンナのハギレで
at 2016-06-19 22:04

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧