北欧の布あそび

自分の道具を作ること

d0164898_1432551.jpg

北欧に限らず、「手工芸」というものは生活に必要なものを作ることが原点です。
スウェーデンの手工芸学校ではそれを踏まえ、まず最初に私たちがすること。

”自分が使う道具を作ること。”

本当にみんなが初対面の日、普通なら軽く自己紹介をして終わりだと思うのですが、
私の通っていた学校では、「さあ、今からそれぞれ好きな材料を使って自分の名札を作ってね!」から
始まりました。

それぞれ好きなフェルトや布やビーズや毛糸やなんでも自由に使って30分ほどたったころ・・・。

「自分の名札を付けて自己紹介してね。」

この名札はみんなが名前を覚えるまでしばらく付けておくのですが、それぞれの人の個性が出ているのでほんとに名前が覚えやすかったです。

そして次の日は織物クラス、テキスタイルテクニッククラス合同で 「針山づくり」
材料はフェルトの原毛、砂、などなど。
その後も自分たちが後々使う毛糸を草木染めにしたり、染料で染めたり・・・。

こうやって自分たちの使う道具や材料を自分たちで作っていくことを学ぶのです。
そのスタイルが私はとても素朴でいいな~と思っています。そしてこれこそが手工芸の原点なのです。

前置きが長くなりましたが、そんなこんなで、グループレッスンで「北欧刺しゅうの裁縫箱」を作ることにしました。
レッスンに続けて来られている方は少しずつ道具が必要になってきましたのでそれらを入れる箱として活用してもらえれば、と思います。箱の直径は14cmです。
刺しゅうはお好きなものを選んで頂いているので「北欧刺しゅう」限定ではありませんが、チャレンジしてみようと思われる方には「スタンプワーク」という少し立体的に出来る刺しゅうの練習をしていただいたらよいかな、と思っています。
写真では分かりにくいですがこのカレイさんも少し詰め物をして立体的になっています。
この刺しゅう、いきなりは難しいので一応「刺しゅうのタオルハンカチ」修了者のみの募集とさせていただきます。(刺しゅうの裁縫箱のみ作りたい方はマンツーマンレッスンでならいきなりでも大丈夫です。)

あとは経木の箱にぺたぺた張って出来上がりですが、裁縫箱だけでなく焼き菓子とか入れてもかわいいでしょうし、クリスマスのプレゼントボックスにしてもいいかもしれません。

息子さんにあげたら宝物のどんぐりをいっぱい入れるんだろうな・・・。

http://knyta.jp/
[PR]



by rosagris | 2011-12-02 14:57 | お知らせ

手仕事、子育てなど日常いろいろ
by rosagris
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

刺繍のコンパクトミラー
at 2017-08-20 17:33
久々生徒さんの作品
at 2016-09-04 22:10
ノールビンドニング新たに募集..
at 2016-07-13 13:39
ヨハンナ第2弾
at 2016-06-20 22:11
ヨハンナのハギレで
at 2016-06-19 22:04

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧