北欧の布あそび

ノスタルジー

d0164898_15454632.jpg

私はノスタルジックなものが好きで50年代~70年代の北欧の食器を集めていました。
その時代のスウェーデンはまさにデザイン最盛期。
スティーグ・リンドベリをはじめ、いろんなデザイナーが活躍したころ。
「生活の中にデザインを」という哲学の元、さまざまな工業製品に優れたデザインを取り入れていきます。
なかでも本当に生活に密着し、ほんとうにすばらしいと思うのは食器類。
実用・デザインともに◎。
そしてその頃のものはいまのものより少し小ぶりでそこが日本の食卓にもすんなりとあいます。
柄や形が様々でもその頃の食器をずらっと並べるととても温かみのある統一感がありなんとも言えず幸せな気分になります。

そんな今でも人気のあるヴィンテージの食器。傷のないものをそろえていこうと思うと、スウェーデン国内でも結構なお値段がします。
安く見つけようと思うとロッピス(蚤の市)めぐりをするのですが、これがなかなか大変でいいものが出ているときもあれば収穫がゼロのことも・・・。
そんな中でも比較的、手に入りやすいもの、それがカップ&ソーサーのソーサーだけが残ってしまったもの。
食器はやはり壊れ物ですから、きっとカップは割れてしまったのでしょう。
でもソーサーは残っている・・・。デザインは素敵だしどうにかしてこれを生き返らせることができないか・・・。

そのようにして生まれたのが写真のキャンドルホルダーです。
この柄は「MON AMIE(モナミ)」という柄でマリアンヌ・ウエストマンのデザインでとても人気のあるかわいらしい食器です。
彼女の描く絵は本当にのびのびとし、女性らしい感性があふれ出ているなといつも思います。
私も「モナミ」いいな~と思いながらも人気があるので結局てにいれることができず・・・。
今回、ご縁があって我が家に新しく仲間入りしました。

その清楚なたたずまいはかわいらしさの中にも凛としたものがあり和家具にも合いそうです。

これらのキャンドルホルダーの名前が「ノスタルジー」。
デザイナー・リルさんからのメッセージ 「遠い昔に忘れ去られた不揃いのお皿へ小さな愛を・・・」

署名もdesigned by・・・ではなく recycled by lill となっています。
そんなところに彼女のやさしさが感じられますね。
[PR]



by rosagris | 2011-05-30 16:28 | お気に入りのもの

手仕事、子育てなど日常いろいろ
by rosagris
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

刺繍のコンパクトミラー
at 2017-08-20 17:33
久々生徒さんの作品
at 2016-09-04 22:10
ノールビンドニング新たに募集..
at 2016-07-13 13:39
ヨハンナ第2弾
at 2016-06-20 22:11
ヨハンナのハギレで
at 2016-06-19 22:04

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧